スロコメ日記

下北沢スズナリから2分。「モンティパイソン大全」などのコメディライター&プロデューサー須田泰成のオフィス&カフェ。トーク、音楽、落語、演劇などのライブ、各種記念パーティー。アート・ギャラリーでもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパム入りタコ焼き&スパム入りキャベツ焼き♪


関西人濃度の高いスロコメにスパム入り粉もんメニュー本格登場。

スパム入りタコ焼き

たこ焼き

スパム入りキャベツ焼き です。

スロコメソース焼き

もちろん、おでんも。

おでん炊けました

ゆるーく、低ーいカウンターで、どうぞ♪

スロコメ新カウンター並び

スポンサーサイト
  1. 2009/05/08(金) 12:55:59|
  2. スパム料理の研究=コメディの追求
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパムサンドを食べながらコメディのプレビュー。

昨夜のスロコメでは、
或る業界でデビュー45年というキャリアの男性が、
スパムサンドを食べながら、
スロコメの母体であるコンテンツ製作会社有限会社・大日本生ゲノムと経堂製作、ちがう、共同製作で密かに作っていた
コメディのプレビューをされました、

経堂の飲み屋で構想7年、しかし、収録たった1日という
驚異の4分番組×13本が、そろそろ完成します。

ちなみにスパムのバゲット・サンド。300円。
黒胡椒がピリッ。ピクルスとクリームチーズの相性も悪くないとか。

スロコメ2008/11/17スパムサンド

こんなコメディ。さわりだけ、ちょっと。

西郷教授9

西郷教授7

西郷教授6

西郷教授8

西郷教授5

西郷教授4

西郷教授14

西郷教授2

西郷教授3

西郷教授13

西郷教授1
(C)オーレエンターテインメント/大日本生ゲノム

そろそろ you tube で見れるようになるそうです。

いまの日本の経済的、政治的混乱を回復させる決めては、鹿児島弁、

いえ、鹿児島語だとか。

プレビューは、ふらっと入ってこられた近所のお客さんも交えて行われ、

いい笑いに包まれて夜がふけていったのでした。

あー、よか晩じゃったのぉ。これ、鹿児島語です。



  1. 2008/11/28(金) 03:16:54|
  2. スパム料理の研究=コメディの追求
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スパムの偽装はじめました。

世界初(?)のスパム料理専門店も

同時に目指してしまおうなんて考えているスロコメ@下北沢ですが、

モンティ・パイソンの或るスケッチが元になってスパム・メールの語源に

なってしまった経緯もある手強い(笑)食材のスパムです。

なぜか意味もなく、いきなりスパムの偽装メニューなども始めてしまっても、

いいのではないかと思ったりしました。

そこで登場したのが、このデンマーク産のランチョンミート缶(340g)。

偽スパム

スパムにも同じ340g缶がありますが、

値段が、スパムが大体520円から560円くらいするのに対して、

このランチョンミート缶は、近所の食品店で330円。

半分に迫る安さ。

これは、いい。

地鶏と言いつつブロイラーを使っていた船場吉兆の気持ちも少しわかりそー。

これで、スパム料理の沖縄の定番である「ポーク卵」を作ってみた。

なかなかよくできました。

偽ポークスパム

食べてみる。

スタンダードのスパムと比べて少し塩分が薄い。

減塩20%のスパムに近い感じ。

スパムの命ともいえるジャンク感も20%減くらい。

しかし、酒を飲んでいれば、お客は、気づかないのでは?

これも他のメニューを同じく一皿300円ですが、利益率アップ。

というわけで、

スロコメの定番に決定した偽装スパム肉を使ったポーク卵。

メニューには、ポーク卵(笑)と表記します。

勘のいい方、コメディ・センスのある方には、ピンときていただけるのでは。

それにしても、

缶詰の安ハムのくせに名前が「セレブレティ」とは(黒笑)



  1. 2008/11/16(日) 19:04:41|
  2. スパム料理の研究=コメディの追求
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スパムと下仁田ネギのマリネ。

世界初(?)のスパム料理専門店を密かに目指す当店としては、
やはり、スパム料理の開発に日夜心血を注がねばなるまい。

なんて、かたい書き出しになってしまいましたが(笑)、

下仁田ネギのマリネを「スパムと下仁田ネギのマリネ」にしてみました(微笑)

下仁田ネギとスパムのマリネ

スパムは、いろいろ試行錯誤した結果、減塩20%のスパム。

これだと、とろとろに熱が通った、
ある種、上品な下仁田ネギと、相性が、それほど悪くない。
塩っからいのスパムが、
マリネ液の白ワインビネガーのおかげで、いい感じになっているのも大きい。

しかし、スパムが本当に必要なのか? 
ベーコンやハムなんかの方が、いいんじゃないのか?などと、強く詰問されると、

目をそらして、思わず、ひるんで小声になってしまう。

そういう確信の持てない危うさがあります。スパムは不思議です。

これは、スパム料理の宿命。

しかし、ある種、人生の危うさにも似た、
このスパムの微妙さ加減を味わうことも、時には良いのでは?(微笑)

デュポン5

ちなみにベルギービール、セゾンデュポンとの相性は、最高でした。

小室哲哉もスパム料理を肴にベルギービールを飲む快楽を知っていれば、

あーいう風にならなかったのでは? と、ひと思う晩秋だったりします(微笑)

  1. 2008/11/07(金) 17:45:03|
  2. スパム料理の研究=コメディの追求
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スパムむすび知ってましたか?

人生、はじめてからわかることって、案外おおい。

最近の私の例で言うと、
これは文句なしにスパムの奥深さということになる。

モンティ・パイソンつながりというだけで、
新しくオープンするカフェにはスパム料理を置くと周囲に宣言してしまった。

そのてまえ、調べ始めたスパム料理のこと。

単なるポークのランチョンミート、安ハムだとたかをくくっていたら、
意外なほどに多様で深かった。

ウィキペディアですが、こんな感じに載ってます。

まず、笑ったのは、ハワイの大衆食だという、SPAM MUSUBI。
つまり、スパムを具にしたおむすび。

スパムむすびメーカーというものもあって、
スパム付きで売られており、買ってしまいました。

spamusubi.jpg

パッケージに踊る、NEW! QUICK! DELICIOUS!

新しい!速い!ウマい!の文字(微笑)

スパムすむび。

これは定番メニューにしなければいけないと直感。

明日から練習と、
アレンジに取り組もうと思うのでした(笑)
  1. 2008/11/01(土) 17:08:52|
  2. スパム料理の研究=コメディの追求
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。