スロコメ日記

下北沢スズナリから2分。「モンティパイソン大全」などのコメディライター&プロデューサー須田泰成のオフィス&カフェ。トーク、音楽、落語、演劇などのライブ、各種記念パーティー。アート・ギャラリーでもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スロコメの年末・年始♪

ギャグ台本を書くかたわら、ずーっとやってます(笑)

お客さんがいないと、ふらっと銭湯にいったりしますので、
前もって連絡をいただいた方が良い場合もあります。
ちなみにメルアド yasunarisuda@gmail.com

大晦日は、お客さんがいる間やってます。

元日1月1日は、17時~21時頃まで、

経堂が誇るあやしい系・居酒屋「鳥へい」の長谷川一平さん登場。

mail.jpeg

長谷川一平ナイト!

こちら鳥へいの焼き鳥と釜飯(←クリック♪)

スロコメの冷蔵庫にある素材をつかって即興でおツマミを作ってくれます。

入場無料+キャッシュオン+新年早々いろいろな人が集まる予定。
新年会のつもりで是非!
1月2日~4日までも、17時~21時くらいの時間帯、
ほぼ元日と同じよーなスローなノリでやってます。
正月モードに飽きた方々、ファンキーな昭和歌謡かけてます(笑)ので、
ゆるりと是非。

1月5日からは、ますます経済危機の加速する世の中に逆行して(笑)
いろんな人が交流するイベントをほぼ毎日やってます。

こんな感じです。(←クリック)

というわけで、おひまなら、どうぞどうぞ。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 19:33:51|
  2. 今週のスロコメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「酒つま」大竹編集長のトークライブ大盛況でした♪

12月27日(土曜日)スロコメで泥酔系トークライブが行われました!

「タモリ倶楽部」を爆笑の渦に巻き込んだ奇跡のミニコミ雑誌
「酒とつまみ」の大竹編集長が、
『もう1杯―酒つま編集長大竹聡のチャランポラン酒場歩き』
(産業編集センター 1470円)という素敵な本を出版されたのです。

こちらをクリック!

もう一杯!

この本は、酒を飲みはじめてから20数年という大竹さんの
酒と酒場をめぐる思い出を綴ったもの。
全編にくすっと笑えるエピソードや思わずホロリとくる言葉が
さりげなく散りばめられた珠玉の泥酔文学。
グラス片手に読むには、最高の一冊です。

スロコメ大竹さんナイト1

そんな大竹さんの酒にまつわる話を
ホッピーを飲みながら語っていただきました。
年の瀬に一年365日を振り返ると、
一度として自宅に素面の状態で帰ったことがないとか。
浅草橋の粋な昭和のおやじがやってる焼き鳥屋の話とか。

そんな大竹さんのこの日のお話は、
そのうちブログ上にまとめようと考えております。

スロコメ大竹さんナイト2

トークライブ後は、いろんな人が集まる忘年会モード。

こちら恒例(?)になった感のある
大衆食堂の詩人エンテツさん
「おつまみ横丁」がベストセラーの料理研究家の瀬尾幸子さん
まるで「タモリ倶楽部」の収録現場かと思われる面々が、そこここに。

スロコメ大竹さんナイト3

トーク後、大竹さんが、粗相してホッピーをこぼしてしまいました。

スロコメ大竹さんナイト4

心配してかけよる美女たち。

スロコメ大竹さんナイト5

が、自分のこぼした酒は自分で拭く。

スロコメ大竹さんナイト6

三女の父。

スロコメ大竹さんナイト7

お隣は、
京阪神エルマガジン社が放ったグルメ本のスマッシュヒット「東京肉本」の森本嬢。

その後、エンテツさんと熱い抱擁&キス。

スロコメ大竹さんナイト8

最後に大竹さんに酒飲みとしてのこれからの夢をうかがったところ、

「『泥酔刑事』というドラマをやりたい!」とのこと。

「もしもやれるなら『太陽に吠えろ』のオープニングみたいに走ってもいい」

「ホシを吐かせるのに長さんが「カツ丼でも食うか?」というシーンがあったけど、
 オレは、同じような感じで「ホッピーでも呑むか?」と言ってみたい」などなど、

さまざまなアイディアと決意を語っていただきました。

泥酔をテーマにした本格刑事ものパロディー企画が産声をあげたのでした。

スロコメの経営母体である(有)大日本生ゲノム(←クリック)は、
実は、数々のコメディ系・映像/音声/書籍を手がけるコンテンツ製作会社。

ふたつ返事で、これを引き受け、
西郷輝彦さんとコラボしているこのコメディのように(←クリック)
2009年度、あとさき考えずにやってしまおうと決めたのでした(笑)

この夜、大竹さんの新刊は、11冊も売れました。

読み応えばかりか手触りも心にあたたかい、この一冊。
どうぞどうぞ、こちらをクリック!

エンテツさんの泥酔論を皮切りに盛り上がった泥酔トークイベント。

2009年度も積極的に行いますので、ご期待ください♪

  1. 2008/12/28(日) 22:34:38|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回・役者ナイト(12/22月)こんな感じでした。

役者さんと役者さんと何かしたいなーという人たちが集まった

第一回・役者ナイト。こんな感じでした。

スロコメ役者ナイト1

スロコメ役者ナイト3

スロコメ役者ナイト4

スロコメ役者ナイト5

いい夜でした♪

  1. 2008/12/23(火) 01:42:19|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜のスロコメ(本のPRと販売代行もはじめております)

お店に出入りしてくださる方々がだされた本を

じわっと色々なお客さんに勧めるのがライフワークのスロコメ@下北沢。

昨夜は、あの渋谷の焼肉・韓国料理の名店、道玄坂・清香園
オーナーの李さんと店長の三上さんがお越しになられたので、

週末のトークイベントに来てくださる「酒とつまみ」の大竹聡さんの
「もう一杯!!ー『酒つま』編集長大竹聡のチャンポラン酒場歩き」と、
スロコメにもよく来てくださる放送作家の
山名宏和さんの最新刊「だから直接聞いてみた」(鮫肌文殊さんとの共著)
それぞれ手にもっていただき2ショットを撮らせていただきました。

スロコメ李さん三上さん

「もう一杯!!ー『酒つま』編集長大竹聡のチャンポラン酒場歩き」は、
スロコメでも販売しております。

もう一杯!

もしも経堂・下北沢界隈で買いたい!という方、お知らせください。
経堂系ドットコムの関係店でしたら配達もいたします。

ところで、
李さんは、世田谷・経堂のサロン的まったり陶芸教室「まだん陶房」も運営。
陶芸のアーティスト。
地元・経堂では陶芸の李先生として、いろんな飲み屋の人気者です。

そうこうするうちに、
李さんが経堂で知りあったアパレル会社経営の三原さん一行がご来店。

スロコメ李さん その他の方々

三原さんの友人のシモンさんは、
本業の建築の他にもいろんなフィールドに造詣が深く、
李朝の陶磁器にも多大な興味を寄せておられるとか。
李さんと随分と盛り上がっておられました。

アーティストの2ショット。

スロコメ 李さん

ホロ酔いと知的な会話がいい感じで入り混じる いいー夜でした♪



  1. 2008/12/21(日) 15:30:41|
  2. スロコメ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイブは山崩し祭りのスロコメ、年末スケジュール♪

クリスマスイブは山崩し祭りのスロコメ、年末スケジュール♪

年内は、休みなしの営業を考えているスロコメです。

まず、19日(金曜日)から大晦日の31日までは、毎日 cj-night。
cj とは、comedy の DJ のこと。
店主の偏愛するイギリス・コメディ「モンティ・パイソン」などの映像が、
お店の片隅のモニターに流れております。
映像だけでなく、コメディ感のあるCDもいろいろ流れる予定です。

お一人でも、ふらっとどうぞ。

22日(月)は、役者ナイト!
役者の方、役者と何かしたい方、ふらりとどうぞ。

クリスマスイブ24日(水)は、
あの興奮を再び!山崩しもできる、クリスマスパーティー!
知ってる方も知らない方も常連さんも初めての方も
下町の立ち呑み屋のように賑わっていると思いますので、
ふらりとどうぞお越しください。
クリスマスプレゼントの交換も考えています。
自分が誰かに読んで欲しいなーと思う本をご持参ください。
意気投合する方と出会ったらクリスマスプレゼントの交換を行ってください。

27日(土)は、「酒とつまみ」編集長・大竹聡さんの出版記念トークライブ!

というわけで、大晦日までいろいろ遊んでおりまして、
新しいイベントが追加される可能性も大でございます。
詳しくは、当ブログをチェックしてみてくださいませ。

と、本日から、当店自慢のベルギービールVEDETTの
ビール瓶のオープナーを先着40名様にプレゼントしております。

スロコメ VEDETT

一人で来られても、意外と誰か話の合う人もいたりするかものスロコメ。

ふわっと是非♪



  1. 2008/12/18(木) 19:54:41|
  2. スロー・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月22日(月)スロコメ第一回・役者ナイト♪


12月22日(月曜日)19時~

スロコメ@下北沢では「役者ナイト」を行います。

チャージは、無料。

ドリンク500円~/フードほぼ全品300円。

役者・劇団関係者など役者サイドの人々、

映画、テレビ、ラジオ、広告など、役者さんと仕事がしたい人々、

なんだかわからないけど、そーいう感じの人たちが、

まったり集まって飲んでいる。喋っている。

そんな、ゆるーいイベントです。

BGM/BGVは、モンティパイソンなどのイギリス・コメディ。

ゆったり笑って楽しみましょう♪


  1. 2008/12/17(水) 14:32:00|
  2. スロー・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月27日(土)「酒とつまみ」大竹編集長のトークライブ♪

先日、エンテツこと遠藤哲夫さんの「泥酔論」トークライブが盛り上がった
スロコメ@下北沢ですが、

12月27日(土曜日)にも素敵な泥酔系トークライブがあります!

出演は、あの「タモリ倶楽部」を爆笑の渦に巻き込んだ奇跡のミニコミ雑誌
「酒とつまみ」の大竹編集長。

『もう1杯―酒つま編集長大竹聡のチャランポラン酒場歩き』
(産業編集センター 1470円)という本の出版記念を兼ねた
まったり飲みながらのトークライブです。

17時会場。18時開演(トークは、約1時間を予定)

そのあとは流れでゆるーい参加自由の忘年会になると思われます。

もう一杯!

この本、なんともいえない味があります。
片手に持って頁を開きながら飲むと、実に、いいツマミにもなりそう。
くだらないバカ話ばかりなんだけど、心にしみる落語のような酒のエピソードが、
一編また一編と、いい感じで盛ってある手練の一冊です。

当日は、この本の販売と大竹聡さんの即興サイン会も行われます。

であ、お話かわって、

しばらく、ホッピーのぼりの写真@スロコメ下北沢をお楽しみください。

スロコメ ホッピー2

スロコメ ホッピー3

ちらっ。

スロコメ ホッピー4

スロコメ ホッピー5

スロコメ ホッピー6



  1. 2008/12/17(水) 14:16:12|
  2. スロー・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンテツさんの泥酔論 大盛況でした!

12月13日(土曜日)のイベント
大衆食堂の詩人エンテツこと遠藤哲夫さんのトークライブ
「泥酔論~いまこそ泥酔を!100年に一度の経済危機を乗り切る方法~」

大爆笑の連続のうちに終了いたしました。

こちらに詳しく書かれています。
エンテツさんのブログです(←クリック)

終了後は、会場に来られたいろいろな人たちが、
いりまじり交流しつついい感じで酔いがまわる忘年会モードでした。
(毎日という噂もありますが)

トーク前から飲み続けていたエンテツさんは、
最後、とろんとろんのこんな感じでした(笑)

スロコメ泥酔論

隣の美女は、「おつまみ横丁」が大ヒット中の料理研究家・瀬尾幸子さん(←クリック)

エンテツさんの泥酔論、次回は、来年2月に予定しておりまーす!


  1. 2008/12/15(月) 17:03:27|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スローなコメディ「西郷輝彦のピンチの鹿児島語講座」できました♪

下北沢のスロコメは、
slow comedy factory というだけあって、
実際にスローなコメディを生産するファクトリーでもあります。

今日とれたてのコメディをご紹介。

有限会社・大日本生ゲノム×西郷輝彦=オリジナル・コラボ・コンテンツ。
~構想7年@ビストロ樹里庵/収録1日(打ち上げ・道玄坂清香園)~


「西郷輝彦のピンチの鹿児島語講座」

ビジネスのピンチ!国や政治のピンチ!恋のピンチ!
あらゆるピンチの解決に劇的な効果を発揮するピンチの鹿児島語のエキスパート
英国王立外国語大学鹿児島語学部のTERUHIKO SAIGO教授が
100年に一度の経済危機のまっただ中に敢えてyou tubeに登場しました(笑)

4分番組・全13話のうち4話をちら見せいたします。

第1回


第2回


第3回


第4回



オープニングタイトルは、くわじまゆきおさん。
本編中のイラストは、大里圭介さん。
編集演出は、有馬貴司さん。 
そして音楽は、安田寿之さん です。

書籍、テレビ、DVD、はたまた映画?
今後、いろんな展開をたくらんでおります。

「西郷輝彦のピンチの鹿児島語講座」シリーズをご贔屓に。


  1. 2008/12/12(金) 00:27:30|
  2. スローコメディ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホッピー 入りました!

今週末、土曜日のエンテツさんのトークライブ”泥酔論”
なんか、たまらない感じになりそーですが、
「酒とつまみ」の方々も来るかもしれない飲みイベントに備えて、

ホッピー!を導入しました。

ホッピーのイメージ1

よろしくお願いいたします。

来年のあいさつは、「ホッピー・ニュー・イヤー!」ですね。笑。


  1. 2008/12/11(木) 02:36:06|
  2. drink menu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今週・土曜日は、エンテツさんの「泥酔論」!

今週の土曜日は、
「大衆食堂の研究ー東京ジャンクライフ」などの著書で知られる
大衆食堂の詩人、エンテツこと遠藤哲夫さんをお迎えして、
トークライブを行います。

その内容は「泥酔論」

「いまこそ泥酔を!
 ~100年に一度の経済危機を笑って乗り切る方法~」

こちら、知る人ぞ知るエンテツ・ブログ(←クリック)

おそろしくゆるくも笑えるライブになること間違いなし。

12月13日(土曜)

開場17時  開演18時 チャージ無料 ワンドリンク制

トークは、約1時間を予定。

終了後は、
ゆるーい忘年異業種飲み会のようになっていると思われます。

初めての方、忘年会のつもりのご参加も大歓迎です。

今週も火曜以外はやっているスロコメ。

毎日、メディア系、出版・映像コンテンツ系など、

いろんな人がいたりしますので、興味のある方は、ふらっとどうぞ。

また、なにか自分もスロコメでやってみたいなーと言う方、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

ミクシィのコミュ。 こちらです(←クリック)

スロコメ地図は、こちらです。(←クリック)

  1. 2008/12/10(水) 10:32:04|
  2. スロー・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カリキュラ宮島さん(71歳)は、とってもファンキーでした♪

以下のコントは、
小学生に読み書き算数を教えるために作られた番組に収録されたものです。
          ↓

昭和の新婚家庭の朝。

妻がスーツ姿のサラリーマンの夫を見送る。
「あなた はやく帰ってきてね!」と手を振りドアを閉める。
と、部屋の押し入れの中から若い男がでてくる。

そこに、いい声のナレーション(男性)。

「間男が一人」

さらに、洋服ダンスから若い男が二人でてくる。

そこに、いい声のナレーション(男性)。

「間男が二人」

そこに、いい声のナレーション(男性)。

「一人と二人で合わせて三人。1+2=3」

子供番組なのに大人も真っ青なタブー破りのギャグが満載。
洒落た音楽とアニメーション。いまでも新しい驚異の爆笑コメディ。
70年代後半に製作・放送されいまだに伝説のギャグ番組と語り継がれている
日本テレビのカリキュラマシーンのディレクターだった宮島将郎さんを招いて、
いまでは考えられないほどアナーキーな内容を振り返りながら、
当時のクリエーティブについて語っていただきました。
ちなみにカリキュラマシーンの映像です。
カリキュラマシーン on you tube(←クリック)

トークライブは、宮島さんを中心に和やかに進行。

スロコメ宮島さん3

いま見ても爆笑できる番組の目からウロコの真実の数々。

・いま見るとかなり過激な内容にも関わらず、現場のディレクターの耳には、
  視聴者や代理店やクライアントは社内外のクレームは、一切、届かなかった。
  あらゆるクレームは、あの伝説の井原高忠プロデューサー(←クリック)が、
  すべてブロックしていたという。

こちらは、芸者の踊りで「きゃきゅきょ」などを教えるシーン。

スロコメ カリキュラ

ちなみに、「カリキュラ」の凄さは、モンティ・パイソンもびっくりのスピード感ですが、
スタジオでは、一日に120シーン(ネタ)を一気に収録したとか。
当時、日テレで言われていたのが、
「あの番組の出演者は、とにかく走る」というもの。
当時としてもかなりの有名タレント、役者が出演していますが、
彼ら・彼女らも”走って”いたわけです。
役者が何故かセレブ化した現在の日本のテレビ界では考えられない現場の熱さですね。

そんな現場をくぐり抜けてきた宮島さんの演出の信条は「テイクワン主義」

カメラの前の役者は、最初の演技がイチバン面白いのです。
が、同時に緊迫の現場でもありました。
「テイクワン主義」は、イコール、生放送の緊張感で収録に挑むということ。

スロコメ宮島さん2

「カリキュラの頃は、視聴率なんて意識したことがなかった!」という宮島さん。

当時、井原さんが局の若手を集めて語った言葉に
「音楽でもなんでもいい、自分がいちばん好きだと思うことを極めて、
 それで番組を作れば良い」というものがあったとか。

いまのテレビが自分で自分のクビをしめる結果を招いた
「視聴率至上主義」が蔓延するようになったきっかけは、
「ウィークエンダー」(日テレ)←クリックだったとか。

ここしばらくのテレビに対する辛口トークが続きましたが、
それも元祖テレビ屋としてのテレビを愛するが故の言葉でした。

スロコメ宮島さん1

71歳とは思えないファンキーな宮島さんのスゴイところは、
いまのテレビを批判するだけでなく、ファンキーなコンテンツを作っているところ。
こちら宮島さんの最新作「パピプペポロン」(←クリック)

寝たきり老人ならぬ、出たきり老人という活動的な宮島さん。

今後、スロコメには、毎月ご登場いただけるそう。
スペシャルゲストも登場の予定。

ライブ後は、話を聴きに集まった皆さんと、楽しい歓談。

オモシロイ企画の話もいろいろ出ていました。

案外こんなトークライブを続けるうちに何か素敵なことが現実化する。

そんな予感が濃厚にする日曜・夜のスロコメでした。


  1. 2008/12/09(火) 16:01:29|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

下北沢経済新聞に掲載されました。

下北沢経済新聞の記事。

こんな風に紹介してくださいました。(☜クリック)


  1. 2008/12/08(月) 19:42:52|
  2. スロコメ紹介記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月7日(土)スロコメ第二回・山くずし祭り!

高野秀行・五段を迎えて行われた
12月7日(土)スロコメ第二回・山くずし祭り♪

山崩しとは、

将棋の駒を山のように積み、
順番を決めて、指一本を使って山のように積まれた駒から1枚を取り、
盤の端まで滑らせて盤の外に出すと得点というゲーム。
途中で音を立てるとNG、次の人の順番になってしまいます。

このような感じで盛り上がりました。

勝負の前の不安そうな参加者。

やまくずし2

高野さんが駒を積み上げます。

やまくずし3

スタートしました。

やまくずし4

やまくずし5

やまくずし6

緊迫の手さばきの数々。

やまくずし7

やまくずし8

やまくずし9

お酒が入っているので、
つまむもOKというローカル・ルールが適用されました。

やまくずし10

やまくずし11

やまくずし12

やまくずし13

やまくずし14

やまくずし15

やまくずし16

やまくずし17

やまくずし18

最後、とった駒の個数を数えます。

やまくずし19

春風亭柳好師匠とあにゃさんが首位タイでした♪

やまくずし20

観客もまじえて、20数名が盛り上がった山くずし。

今後、スロコメの国技(?)としますので、

どうぞどうぞ、興味の湧いた方々、ゆるりと自由にご参加を!



  1. 2008/12/07(日) 22:58:24|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分類王・石黒謙吾さんトーク・ライブ報告♪

slow (ゆったりした暮らしを大切にしながら)
comedy(知的に世の中を笑って楽しむことを)
factory(いろいろ作ったり&広げたりする)
カフェのような立ち飲み屋 slow comedy factory@下北沢 。

12月3日(水)は、トークライヴ

「石黒謙吾の分類王的・発想術」が行われました。

スロコメ石黒さん7

100万部のベストセラー「盲導犬クィールの一生」から
21世紀のコメディ系クリエイターに
掛け値なしにバイブルと崇められる「チャート式 図解でユカイ」
まで、
もう本当にいろいろいろいろと、
驚異の活躍を続ける著述家&スーパー編集者の石黒謙吾さんを迎えて、
その発想と仕事術の本質に迫るトークライブ。

スロコメ石黒さん6

石黒さんのお仕事関係近況です。
こんな本を作ってこられました。

そんな石黒さんの頭の中がどうなっているのかが知りたくて、
お越しいただいたわけですが、

やっぱり石黒謙吾は、凄かった!

スロコメ石黒さん8


小学校4年の時に見た図鑑の蟹の分類ページに
大きなショックを受けたという分類王の原体験の話や、

キャンディーズを追いかけて全国を駆け巡った高校時代の話。

20代の駆け出し雑誌編集者時代の話。

いろんな人生経験を熟成して編み出した秘伝の分類テクニックの数々。

スケジュールは必ず電話で決める。
編集仕事の日と執筆仕事の日は必ず分ける。

などなどの実用お仕事テクの数々。

スロコメ石黒さん7

日本を代表するダジャリエとしてのお仕事。
そして驚愕のダジャレ製造テクも、やはり分類的お仕事でした!

そして最後は、恋愛・好きなタイプの分類テクニックの話。
会場の方々に自分が好きな有名人の名前を三名あげてもらい、
石黒さんがその三人に共通する外見的な特徴をみつけて、
その人の好きなタイプを言い当てるゲームに発展。
おおいに盛り上がり、
分類は、究極のエンタメだとズシーンと実感させられたのでした。

終了後の飲み会(?)も出版関係のオモシロイ人たちも集まり、
サイコーの盛り上がりでした。

その内容は、近日中に このスロコメ・ブログにアップ予定。

お楽しみに!

と、

「石黒謙吾の分類王的・発想術」の第二回は、来年2009年の1月に予定しております。

皆さま、お見逃しなく!

こちらも必見!石黒さんがダジャレで2009年を振り返っております。


  1. 2008/12/04(木) 16:57:21|
  2. イベント結果♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ホッケの煮付け はじめました。

今週から、いろんなイベントが始まるスロコメ。

12月・第一週の講演会などイベント・スケジュールです。

slow (ゆったりした暮らしを大切にしながら)
comedy(知的に世の中を笑って楽しむことを)
factory(いろいろ作ったり&広げたりする)という slow comedy factory。

メニューでも新しい試みをしたいと考えております。

まずは、麻生総理も食したというホッケの煮付け
スロコメ・メニューに加えることにしました。

スロコメ風ホッケの煮付け。

スロコメ ホッケの煮付け5

北海道の真ホッケ。
落としぶたをしてコトコト煮込み
焼きネギとスパムの薄切りを添えて、さらにコトコト煮込み。
確かに焼いた方が美味いけど、これはこれで、微妙だが不味くはない。
ニッポンの政治の苦みがちょいと隠し味。
焼いた方が美味いホッケを煮付けてしまうようなニッポンの政治。

そんなスロコメ。

来週あたりから

「ホッケの煮付けTシャツ」「船場吉兆Tシャツ」などの販売をはじめます。

  1. 2008/12/02(火) 17:05:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。